• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

«プロフィール»

Ryu-ha

Author:Ryu-ha
適当にオンラインゲームの攻略やら映画、漫画、音楽、アニメのレビューなんかをやっております。
あとはもうおはこんばんちは的な読む価値の無い駄文をつらつら書いてたり。

«最近の記事»

«最近のコメント»

«最近のトラックバック»

«月別アーカイブ»

«カテゴリー»

«ブロとも申請フォーム»

«ブログ内検索»

«RSSフィード»

«リンク»

«Copyright»

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) / --:--

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

 はい、毎度。
↓記事、追加するって書いてましたけど
実際に追加する際にページ移動で記事がすっとんだので書く気失くして放置してました。
ページ移動で記事すっとぶとか、なんのための下書き保存機能?

ってことで、思い切って新しく書いてしまいます。
先日キーアセンまでは紹介したと思うので、その続きと思ってご覧ください。

まず超大事
スキャン<->戦闘モードの切り替えがスムーズにできること。
最終的なヴィジョンとしては、撃ってる時以外はスキャンモード。
EN効率がまんま違うので。
もちろん戦士的な勘のアレでとか経験でここは戦闘モード維持!と思ったらその限りではないですが。
この切り替えだけは本当の意味で”ナチュラル”にできるようになってる必要があります。
頭で考える前に切り替えてるぐらいに。

次に、ブーストのオンオフ。
これは、ふわふわ防止のためももちろんありますが、
基本ブーストふかしたり三角飛びで浮き上がりやすいのが今回なので、
地面にできるだけいないとターンができない、というのがあります。

ここから絶対できないといけないこと、
・ドリフトターンにつながります。
普通のターンが着地→旋回でターンします。
使いやすくてすんなり成功するので重宝します。まぁこれは意識しなくてもできますよね。
ドリフトターンは地に脚つきそうな時にターンするんですけど
ハイブースト→地に脚つく→旋回で急速旋回する技術と思っていただければ。
重量なら軽量相手の補足に。
軽量なら補足から外すのに必須な技術です。

後、地上からハイブースト→浮き上がり中に旋回で少しだけ旋回できます。

・どうでもいい小技
 私が知らなかっただけともいう(笑)

ジャンプボタンはおしっぱでOK。
それで三角飛びや地面蹴りブーストできるところなら勝手に発動。

オートサイティングは遠距離であればあるほど有用。
ハイブーストふかさなければ近距離でも右スティックはなしてOK。CPUならこれでふわふわしながら銃撃ってればまぁ勝てる(ぉ

リコンは撒き、置き、追従とありますが
撒きは遠距離攻撃型。
置き、追従は高機動型がいいかも。
でも追従型性能いい。

こんなもんで。

スポンサーサイト

2012/02/02 (木) / 23:58

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。